上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のタイトルは社会科の本のTOCのひとつみたいになった。この忙しい最中、POOHの公立の学校の手続きにいった。今回はエクセルでチャートをつくってどこの学校がまぁまぁだけど人気が殺到しないところを探すことにした。まるで戦場での策略を練る感じ。わたしの住んでいる町は前にもいったが平等にしようとしているのか近所の学校にいけずに学校側がアサインする仕組み。やっとプライオリティのひとつに今回近所主義がはいった。しかしプリオリティ4.平等にするんじゃなくてどっかで腐敗している。共産国の腐敗のような気配だ。ここまでくるとミドルクラスに対する逆差別といえる。

エンロールメントセンターにいくと労働者風のひとや金がなさそうなひとが並んでいた。やっぱりアメリカで公立は貧民のためだけかもしれない。特に都会では。係りの人間はエスニック系で訛りのある英語を話すひとばかり。

カリフォルニアの州知事選にジェリーブラウンとたちむかったのがEBAYの元CEO。彼女はかなりの大金をはたいて選挙にはいった。コングレス選挙では無敵だったバーバラボクサーにたいしてHPの元CEOがこれまた私費をはたいて対抗した。二人とも落選したのだがあの大金は自社の多大な持ち株を売ってかせいだんだろうなと思う。会社の社員をレイオフしてコストをさげそれで株価をあげ、CEOはそれで持ち株でミリオンの金を手にいれる。落選してくれて嬉しい。当選していたらかなり頭にくるだろうなぁ。

今アメリカでは、金持ちに馬鹿ブッシュがつくった税金の軽減の話を延長するかでもめている。金持ちにお金を与えると仕事を作るからという理由。そんな20世紀のような話、通用するわけない。今金持ちに金をあたえると中国かもっと安い国で仕事をつくり、自国になんか仕事つくるわけない。経済学者の博識がなくても目に見えている。

国別の不平等度を示すチャートがウィキペディアであった。UN GINIをクリックするとどこの国がいちばんFAIRかがわかる。デンマークが一位。日本がなんと2位だった。アメリカはかなり下のほうでロシアよりひどい。アフリカのガーナと並んでいるのが笑いを誘う。カンボジアとはかわりがあまりない。

唯一のBRIGHT SIDEが帰りにのったパブリックトランスポーテーションの駅でようやく近代化された切符を出す機械がおいてあった。こういった公立のシステムの近代化は日本や西ヨーロッパより20年以上遅れている。といっても日本の金太郎飴のような均一化が嫌で飛び出したわたし。POOHの学校探しを通して貧乏になる自由を可とするアメリカを改めて認識した。
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
コメント
デンマーク。実は私の憧れの国です。
ママベアさんが書かれているランクでもそうだけど、世界で一番国民が幸せな国だとも聞きました。
スケールも小さく、気候も厳しい土地なのに国のシステムと文化が徹底しているので国民の満足度も100%に近いようです。
今更のように『移民した国を間違えたな~。』とさえ思ってる私です。この先のアメリカ、どうなるんでしょうね?
2010/11/22(Mon) 13:29 | URL | KM mama | 【編集
KMママさん
おお、KMママさんの憧れの国がデンマークでしたか?北欧は大体税金も高いけど社会制度がしっかりしているのは知っていました。教育費なんてゼロらしかったのですが現在は知りません。

アメリカ、どうなるんでしょうかね?トランプまでが大統領選に出馬する話をききました。
2010/11/25(Thu) 03:34 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。