上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この間、ブラウズしまくってたどり着いたのが『イチゴ大福の作り方』のブログ。読んでいると簡単そうなので作りたくなった。ちなみに日本にすんでいた間食べたイチゴ大福が数をかぞえると一個だけ。そんなに『イチゴ大福』狂ではないのに執りつかれたように作りたくなった。

まず日本式のグラムをアメリカ式のカップに換算しなおし、「もちこ」と水、砂糖をまぜてマイクロウェーブでチンすること合計3回(はじめに2分まぜて1分)、はっきりいって6回。この間に打ち水のように水を少しいれてはかきまぜる(わたしの発見)。

失敗作3回をへてやっとコツがわかった。まずはコーンスターチ(または片栗粉)をひいておいて、できたてのDOUGHをなげつけクッキングカッター(これは勝手にわたしが名づけたもの)で作りたい分にわける。手早く前に用意しておいたアンコ(前もってイチゴを中にいれて丸めたもの)をまく(微妙にコーンスターチで手に引っ付くのを避ける)。これで出来上がり。アンコは売っているものですると結構すぐできる。それでも片付けがうっとおしくチョコレートチップクッキーの方が後片付けは簡単だ。

うちのPOOHとビッグはこの大作『イチゴ大福』に見向きもせず「chocolate chip cookies」と叫んで前に作っていたクッキーを要望した。うちの旦那は日本の添加物に弱いのでSTORE BOUGHTのアンコに用心していたのだが問題なく、そんなに甘くなくおいしいといって予定になくもっと食べられてしまった。(予定では全然彼は食べないとみていた)

わたしは食べ過ぎて眠たくなり日曜日の昼からビッグと昼寝。(ビッグはまた風邪ひいて鼻をたらしていたので疲れていた模様)こんなに『イチゴ大福』にこだわったのも不思議で前世は『イチゴ大福』だったのではないかとひそかに思っている。

実は個人的にやることはたくさんある。それにじっくり腰をすえてかかるのを避けるかのように気が散るこのごろ。いい加減正面にむいて物事と取っ組み合いをしなければ。。。イチゴ大福なんかを作っている暇はない。。。反省。
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
コメント
イチゴ大福???
最初にタイトルを見て“イチゴ大福”が何かも知らず、グーグルの画像で初めて見ました。日本にはこんな食べ物があるんですね~。初耳です。

見た感じ奇麗だけど、大福とイチゴとアンコのバランスにちょと違和感を感じた私です。和菓子は全く苦手なので…『これってピーナッツ・バターとゼリーのサンドイッチの日本版?』なんて事を想像したのは私だけでしょうか?

日本式のグラムをアメリカ式のカップに換算しなおして、失敗してもコツをつかんで作るママベアさんの根気に感心しました。私だったらネットで検索して『どこの店で買えるかしら?』となるハズです。

食べ過ぎて眠くなってビッグ君とお昼ねしてる姿が頭に浮かんで微笑ましかったです。
2010/09/29(Wed) 04:47 | URL | KM mama | 【編集
Re: イチゴ大福???
KMママさん
私も一回しか日本で『イチゴ大福』は食べただけなんですが存在は知ってました。いつごろ出始めたんでしょうね。おそらく80年代後半?別に好きではなかったんですけど作り方をみていると試したくなったわけです。でも自分でつくるとおいしいですよ。わたしは和菓子も洋菓子もおいしければいいほうです。昔、日本にいたときは母が買ってくる「みたらし団子」がすきでした。でもアメリカの日本のものがうっているところで「みたらし団子」を食べるとすごくがっかりするんですよね。まずい。「みたらし団子」にも挑戦してみようかな。。。

単に何かつくって食べたくなるときってあるんですよ。わたし。そのときはサイエンティストのように挑戦して作り上げます。するとあとですっきりの気持ちですね。一種のセラピー効果というのでしょうか。。。

せっかく日本系のものを作ってもチョコレートケーキとかチョコレートチップケーキしか、子供に感謝されないのがつらいところです。で、ひとりで黙々と試食しています。(旦那にあげたくないときは「MSGがはいっている」と嘘をいいます。:))
2010/09/30(Thu) 02:39 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。