上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FBのNPRのアーティクルでスパームドーナー(精子提供者)で生まれる子供のケースがアメリカでは6万人いるらしいと書いてあった。お父さんの名前は『ドーナー』。要するに女の人の意思で子供が生まれているのである。ジョン・アービングの『ガープの世界』が現実化したようだ。

そんな矢先知り合いの女性から相談があった。子供ができたらしいのだ。でも相手はほしくないらしい。彼女はキープしたい。彼女は30代後半。思わず、『生んだほうがいい』というアドバイスをしてしまった。それから無責任な発言だったようで気が重かった。

でも彼女がファイナンシャル的に子供をサポートできるのなら一人でも育てられる。大体最低1000ドルから1500ドルくらいフルタイムのデイケアはかかる。でもこれさえあれば外で働ける。帰ったあとは大変だがそれは夫婦そろっていても同じ。今二人子供がいるわたしにとって一人はすごく楽にみえる。一緒にお風呂に入り、一緒に食べる。つらいのが最初の一年半くらいかと思う。

それで追加のアドバイスとしてあげたのが「よく準備すること」。精神的、体力的に一人でやっていけるか検討するように言った。彼女の場合、家族のサポートがまったくないらしい。わたしもなかった。同じ条件なのですごく気持ちがわかる。私の場合は夫がいたくらい。母は歳老いているし、姉は全然その気なしで。。。(大変だったなぁ。。)

私も最初子供を生むことを決心してからなかなか子供ができずに色々苦労したので(ビッグは『たなぼた』だったが。。)彼女が今せっかく子供が自然にできて生む気でいるのならサポートできる限りのことはしてみたい。やっぱり彼女の歳を考えると生むべきだという結論にたつ。

前にブログで結婚せずに子供生むカップルがアメリカで増えているとかいたが、こうやって一人で子供を産むことを決心する女性とか、ゲイカップルの子供とか。。家族の形はどんどん変わっている。夫と妻と子供の単純な家族の形は古いのかもしれない。親が子供に対して愛をもって向き合えるのならどんな家族関係でもいいように思う。What do you think?
テーマ:アメリカ日常
ジャンル:日記
コメント
私も家族のサポートは殆どなし。イタリアで産んで、夫の両親は既にいなかったので、夫が頼り。
日本に来てからは、私の母は要介護で逆に助けていたので、両輪には頼れず。
でも、私の祖母93歳が元気でたまに遊んでくれたけど、長時間目は離せないので、サポートは殆どなしと書きました。
夫の多大な協力があり、なんとかここまできましたが、やはり大変だったので、2人目は未だに迷っています。
子供は大変だけど、産んでよかったし、かわい!!
産む年齢は限られているので、私も産んだほうがいいといいそうです。
2010/08/20(Fri) 23:29 | URL | caianina | 【編集
caianinaさん
大変でしたね。わたしも家族なしで本当に大変でした。でも二人目のビッグのときはよく用意していたので結構うまくいきました。サポートがないときは用意と準備だとおもっています。イタリアだったら結構公共のサポートがあるんじゃないですか?子供は大変です。本当。働いていると特に。。でもおっしゃるとおりご褒美のようにかわいいことをしてくれますよね。
2010/08/22(Sun) 06:25 | URL | ママベア | 【編集
子供も2人となると状況が全く違ってきますよね~。特に共働きで他の家族や親戚からの手助けが無いとなると子供と親のスケジュールのバランスを取るだけでも至難になる事があるし…

でも見方を変えると親に助けてもらうとその分、子育ての面等でファミリー・ポリティックスに関わってかえってストレスも溜まる気がします。
だから大変でも自分達でやっていった方がコントロールも満足感もあってその方が無難だと感じてる私です。
何はともあれママの(体力と精神の)健康が決め手です!
2010/08/23(Mon) 12:38 | URL | KM mama | 【編集
私は、上の子のときは親や友達などサポートしてくれる人が大量にいたんですが、下の子は、逆に誰も預かってくれる人がいず、「孤立する核家族」を実践している気がします。

子供を生むというのは、神聖な部分もありながら、一方で親のエゴという両面性を持っている気がします。

また、体力的に辛いのは最初の数年ですが、モノが分かる年になったときに、ひとりで父親と母親の役をしなくてはならないのは、とても大変なことは確かです。

お友達も、ママベアさんの一押しとサポートが欲しかったのではないでしょうか。
どんな家庭の形態であれ、望まれて生まれてくる子供が一番幸せだと思います。
2010/08/23(Mon) 18:11 | URL | サラ | 【編集
KMママさん
そうです。そうです。本当スケジュールのバランスをとるのが大変。

ファミリーポリテックスの件、そうですよね。うちの旦那は自分たちで見ている分、だれも何もいってこないからいいといっています。でも猫の手借りたいほど大変なときがあったんですが。。。ま、今少し楽になったかなぁ。。おっしゃるとおり、母親が一番の頼りですよね。
2010/08/24(Tue) 09:37 | URL | ママベア | 【編集
サラさん
子供を生むというのは、神聖な部分もありながら、一方で親のエゴという両面性を持っている気がします。>鋭い発言ですね。同感です。

そのとおり、父親役と母親役を2役するのは大変でしょうね。これ、ひとついっておいてあげよう。一人の母だと強くないとだめでしょうね。桐島さんみたいな。。。あのひとは経済的にも恵まれていたようなのですが。。。。
2010/08/24(Tue) 09:45 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。