上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日ヨーロッパ(のある地)に12年住んでいたアメリカ人の同僚と久しぶりに話をした。結局アメリカに戻ってきた彼女。興味があって「その気持ちは?」と聞くと、「もしあなたが日本に今帰ったとしたら、わたしとおなじ気持ちだろう」といわれて納得。知っている土地なのに12年も離れるとすっかりかわって異国な感じになる。。っていうところだろうか。おそらくアジャストするのに半年くらいかかるかもしれない。はなれていたギャップがかなり尾がひくだろう。会話についていけないこともあるかもしれない。自分だけ12年前のまま取り残された感じ。

POOHが生まれる2,3年前日本に帰ったとき、久しぶりに見る日本のテレビ番組に頭が割れそうになった。ちょうど「地球におちてきた男(デビッドボウイ主演)」の映画の主人公の宇宙人のように。。。気がついたら鼻血でもでそうなくらい気持ちがわるくなった。なにが耐えられなかったというと、キャプションがすぐ画面にでること。誰かがいったことを強調するようにキャプションがでる。そのあまりのひつこさに繊細な宇宙人のような状態になった。そのあとメインステーション(駅)などにいくとあまりの人の波に圧倒され家に帰るまでに息が切れそうな気がした。

そのあとデパートメントストアの地下にいって何かを選ぼうとするものならその数の多さに圧倒され結局何を選んだかが分からずに物をかってしまう。その食べ物はセロファンで2重3重にもまいてあり、金太郎飴のように包装紙をとりはがしてやっと食べ物にたどりつく。その食べ物はMSGがいっぱい入っていて、MSGの免疫のついてるわたしは大丈夫なのだがMSGに弱い旦那は「頭痛がする」といって寝込むことになる。

と過去の経験を思いだしただけで日本に帰る気がなくなる。でも半年もすれば慣れるんだろうか?お受験はまだあるんだろうか?POOHとビッグは絶対ついていけない気がする。大学生の一気飲み(酒の)もまだあるんだろうか?日本のキュートな物はますますキュート化して人間までアニメのような顔に見える。根が「親父」のわたしにはあのキュートさが耐えられない。No Dobutのミュージッククリップの一部に日本人の女の子と思われるグループが「きゃわいー」と叫んでいる部分がある。おそらく不思議にみえるんだろうなぁ。。日本人の女が3人集まって子犬など見て「きゃわいー」と言われると失神しそうになる。日本には「親父」女の居場所はない。

日本に帰ったことを想定して色々なことを映画のように空想してみると答えが出てきたような気がする。やっぱり日本に帰らないだろう。子供たちの母国である「アメリカ」にすむことになるだろう。両親が死んだとしてそのあと二重国籍がまだ許されないとしたらアメリカ人になることを選ぶだろう。戦時中に日本人を西海岸の収容所にいれた国、アメリカ。ドイツ人やイタリア人は収容所にいれず、日本人だけを敵視したアメリカ。それを思うと複雑な気持ちになる。でも日本で宇宙人化して鼻血をたらしながら死ぬよりいいかもしれない。。アメリカでバトルフィールドをいくつも戦い抜いてきたライオンの母が乾いた太陽をみながら死んでいくのもロマンティックかもしらない。

さて話はかわってPOOHとビッグの成長記録。

POOHは夜中の寝小便がなくなった。いまのところ2週間以上たつがベッドはぬれていない。ビッグは昼間はアクシデントゼロになった。ビッグには夜だけダイパーかプルアップをはかせて寝かせている。このダイパー代が無くなるだけでもうれしい。

先週ビッグをドクターオフィスにつれていくと今まで泣いて嫌がっていたくせにドクターやナースと会話をしはじめる余裕をみせたビッグ。泣いているベイビーや小さい子の声をきいて「なんの騒ぎだ?」という。つい6ヶ月前は自分がそうだったくせに。

POOHはプリスクールでフィールドトリップにつれていってもらった。車を同乗したボランティアの親のひとりが、「He is a great kid!」といって賞賛してくれた。なにがグレイトだったのか知らないが言われるとうれしいものだ。それともアメリカ式のお世辞だったかもしれない。POOHは「サルもおだてれば木にのぼる」の性格のようで褒めると「物事をよくする」ということがわかった。否定主義の日本で育った私には「褒める」ということは至難の技だが、このセンシティブな彼を褒めちぎって育てようとひそかに思っている。

最近他人にPOOHは今年の9月に幼稚園に入れるかと聞かれると「セックス&シティ」のシャーロットがパーティの席で他人に夫と別居していることを聞かれてないのにその理由をまくしたって呆気にとられたように、なぜPOOHが今年幼稚園に入らない理由をまくし立てている自分に気がついた。他人にとってはどうでもいいことなのに。。自分がこだわっているんだろうなぁ。。。
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
コメント
日本に帰る件の気持ち、100%同感です。15年近くも訪ねていない私なんて“母国”とはいえ、もう怖くて帰れません。浦島太郎もいいとこです。

ここに長年住む程『日本って妙な国だな~』と思えます。でも自分もあのまま留学しなかったらそのカルチャーに流されながら生きているのか?と思うと想像できるような、できないような…

さすがに日本のバラエティー番組を見て鼻血を出した事はありませんが、名前も聞いた事のない芸能人をたまにグーグルしてみると皆、同じ顔と髪型をしているので不気味です。個性といったものは存在しないのでしょうか?

でもママベアさんはまだアメリカ人にはキッパリなれない心境のようですね。旦那様は日本慣れできるアメリカ人の方ですか?そしてPOOH君とビッグ君は日本語教えてます?

いくらママがアメリカナイズされてても家族の日本アジャスト度によって感覚はかなり違ってくるみたいです。

私は完璧、非国民の裏切り者。バイリンガル教育すらやろうとも思ってないし、だから日本に戻ったとしてもきっとやってゆけないのは承知の上です。
2010/08/03(Tue) 03:20 | URL | KM mama | 【編集
KM mamaさん
わたしも日本はますます奇妙な国になっています。自分があの中にいたということすら信じられないですね。もし帰ったとしてもかなり浮いている時期が続くんだろうなぁと思います。

日本はまた年齢を気にする国なのでニュースにも記事にも年齢がばっちりでているので完全帰国すると自分の年齢にもあらためて気にさせられることになるでしょうね。この年齢を気にするのはアジア人に関連しています。年齢に沿った常識とかがあるからでしょうかね?

アメリカ人になれきれないのは逃げ道をつくっておきたいからかな。。と思うようになりました。あと自分を生んでくれた両親ときれたくないのかも。。だから両親がいなくなったあとはきっぱり判断できると思うんですが。。さぁどうでしょう。。

POOHやビッグにはいっさいバイリンガル教育はしていません。POOHがスピーチディレイでとめられていたのもあるんですが。だから彼らには絶対無理ですね。帰国は。。。うちの旦那はMSGがだめなので、MSGがなければ日本の食事できないのでこれもだめ。だから解答はでているんです。あとはわたしの決心のみ。。。
2010/08/04(Wed) 01:54 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。