上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカのメモリアルデーで日曜日は天気がよく公園でピクニックをしている人をみかけたが月曜日はどんよりしていてピクニックしている姿はなかった。久しぶりにビッグとPOOHをプレイグランドに連れて行った。ビッグプレイグランドはメリーゴーランドまであるのだが今回は偶然にみつけた、最近新装された規模の小さいプレイグラントに日曜と月曜とたてつづけに連れて行った。

砂場がなくこけても痛くないようなコルクのような地面になっている。そのなかでぐるぐる回るジャングルジムのようなものがある。POOHはこれが気にいったようでビッグをつれて中にはいろうとする。ビッグは2-3回まわると外にでていきたがる。スライド(すべり台)があり、ちいさな家もありでとくにビッグが楽しんでいた。POOHはプリスクールでなれているのか、興奮したような状態はみれなかった。それでもふたりで手をつないでいろいろのところにいくのを見るのは微笑しい。ビッグはまだプリスクールにいってないが知らない子供に『大丈夫?』ってきいたり、物怖じした様子はなかった。

このプレイグランド、規模がそれほど大きくないのですぐビッグとPOOHをみつけられ親としては都合のいいプレイグランド。ビッグプレイングランドだと少し目を離しているとふたりともどこにいったかわからなくなるので嫌だった。ピクニックベンチもあり、早速どこかのファミリーがバースデーパーティかなにかしていた。そこで離している母親たちをみていると、「あ、このひとたち、同じマザーグループかな。。」と思うのもちらほらいた。

最初POOHがうまれたときはどこかのマザーグループかプレイグループにはいろうとおもっていたのだが忙しくてそれどころじゃなく、結局なにもビロングせずに今にいたっている。理由は忙しいのと、もともと社交的でないのと、怠け者だからだと思う。kometto3(困ったさんー名前をかえたらしい)の気持ちが少しわかる。「めんどうくさい」のが最後にくる。そのうちにビッグができて二人で喧嘩しながらあそんでいるので「もう、いいか」という気持ちがでてきた。

そういうわけで日本グループにも参加せず(日本グループは主婦がおおいので午前中に集まりが多いので参加しにくい)、勝海舟のようにひとりで船に乗っている感じだ。日本人のグループも、アメリカに来た日本人ってお互い警戒しているような雰囲気が感じられて(敷居をまたがると煙たがられるような。。)、付き合いも面倒くさく(kometto3の気持ちがわかる)、つかず離れずのような関係の人もいるが結局親しくしている人はほとんどいない。

わたしが子供のころ、やはり母の知り合いの子供とよく遊んだ。が、別に特別好意をもっているわけでなくいつも比較されるのでライバル意識が高かったといえば、そう思える。とくに幼稚園の前に一緒に遊んだ子供で名前を覚えているのは優等生の『美和子ちゃん』くらいだ。今どうしているだろう。小学校くらいまで文通(古いなぁ)していたのだがそれからどうしているのかしらない。いつも比較されて嫌だった思いがある。

私の体験では『母親の友達の子供』イコール『子供の友達』ではない。それを思うと別に無理してマザーグループにはいらなくてもいいかと思ってしまう。POOHはプリスクールでは最近仲良くなった男ひとりといつも遊んでおり、その子供からおそらく『立ちション』を習った。学校で友達はつくるもの。。。と都合よく思っているのはわたしだけかもしれない。

怠け者で非社交家のママでごめんね、POOHとビッグ。自分で遊び友達探してね。。。
テーマ:アメリカ日常
ジャンル:日記
コメント
分かる分かる…
ママベアさんのブログを読むと“以心伝心”的なものを感じることがあります。
…というのも私もつい先日、デイケアで子供同士が仲良しでも決して親の気は合わないということを身を持って感じたからです。
母親の役割って本当に複雑なものですよね。でも子供の社交性の為に無理して自分に負担をかける必要はないと思いますよ。
母親が自分なりに自然な感覚であっけらかんとしていると子供もちゃんと見て理解するんじゃないかな?と思いますがどうでしょうか…
2010/06/01(Tue) 12:07 | URL | KM mama | 【編集
Re: 分かる分かる…
KMmamaさん

男親のほうが別に他の親とコミュニケーションするわけでなく子供ピックアップして終わりという感じがありますね。母親は話しかけたりして情報を得ようとしたりする人がみかけられます。いずれにせよ、複雑で仕事に疲れたわたしは「ほっておいてほしい」と思ったりします。
割り切れたらいいんですが何か子供たちにとって大切な情報をミスするんじゃないかと思ったりして。。といいつつあきらめていますが。。。
2010/06/02(Wed) 10:29 | URL | ママベア | 【編集
私も、長女のときからずっと、「ママ友」づきあいは苦手です。
その当時は、シングル・マザー同士で、残業が急に入った、なんていうときや、ちょっとお出かけしたい、というような場合に、預かりあいをしていて、それは非常に心地よかったですが、単に、親同伴で子供をどっかの公園に連れて行って、ママ同士でダベる、というのが、単なる時間の無駄に思えてしまって・・・

多分、それが働いていない母親にとっては、貴重な「社交の場」なんだと思いますが、私は、どうも子供を中心に回っている人とは、波長が合わないようなんです・・・(笑)
ママベアさんも、同じだと思いますよ。
子供は勝手にやるさ、と割り切って、プライベートでは、自分の友達づきあいを大事にしたほうがいいと思いますよ!
2010/06/02(Wed) 16:44 | URL | サラ | 【編集
サラさん
サラさん、色々経験しているんですね。。なるほど。。。娘さん時とジョジョ君のときで他の母親との関係も変わったこともありますか?ちょっと興味あります。時間があったらブログに書いてほしいリクエストです。

「子供は勝手にやるさ。。」ですか。。
わたしも割り切ってみようかな。。。
2010/06/04(Fri) 05:45 | URL | ママベア | 【編集
うーん、私にもし子供がいたら、きっと同じように考え込んで、同じような結論を出していたにちがいないと思います。その点、犬は楽です。犬同士、お尻のにおいをかぎ合っている間、天気の話だけしてればいいんですから。
2010/06/27(Sun) 16:07 | URL | uk_alien | 【編集
UK_ALIENさん
アメリカには犬のマザーグループみたいなものもありますよ。でも犬のバースディパーティは一回しかいったことがありません。呼ばれた人のなかには結構馬鹿げているみたいなこといってましたが。。。でも犬のパーティにはクラウンとかバウンスハウスとかないから子どものバースディバーティよりすっきりしていたんですけど。でもバウンスハウスは犬も喜ぶかもしれないですね。。
2010/06/28(Mon) 05:48 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。