上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のタイトルはピーターグリーナウエィの映画の題名のようにきめてみた。

最近会社でアンケートがあってどうやらベネフィット(保険やら休暇)を減らそうと考えているのがわかった。アンケートでは「AとBではどちらがいいですか」という感じでどのベネフィットを減らそうかとたくらんでいる。どうやらトップの経営者は「北風」(イソップ童話より)になって労働者を搾り取ろうとしているらしい。イソップの童話を送って『「太陽」になったほうが下は働きますよ』といってやりたい。そのトップ経営者の収入をみてみるとミリオンドル以上毎月稼いでいる。そのうちに最後はCEOだけイースターアイランドのようなところに生き残るのかもしれない。ギリシャだけでなく世界に労働者の反乱が起こってもおかしくない超不公平な社会になっている。

さてアメリカではBPがおこしたオイルスピルで指差しあいをしているのをみてオバマが一喝いれたとか、いれないとか。。。このBPのオフショアオイルドリリングもブッシュ時代に検査なしにOKとなったとかで。。ほんとにあの馬鹿ブッシュとダークベーダーのチェイニーは世界を汚してくれたものだと関心する。汚すだけでなくファイナンスシステムもレギュレーションなしにして崩壊してしまった。それでもサラペーランのような人間を応援する一部のアメリカ人。超身勝手か頭が悪いかの、どちらかかと疑ってしまう。

オバマのブレイングループがみんなハーバードかプリンストンのアイビーリーグなのをからかっているニュースコメン
ターがいたが。。どこの大学をでようがブッシュが残したメスをどうにかしてくれれば、わたしはかまわない。そんなどうでもいいことで笑っている暇があったらこのファイナンスのメスをなんとかしろっと言いたくなる。中流家庭をサポートするガバメント(政府)ができてほしい。この社会で超金持ちか超貧乏にしかサポートがないのはおかしい。それとも中流家庭という存在自体が消えてきているのか。。

話は変わって今週のPOOHとビッグ。
ふたりともなぜかパンツを後ろ前に履きたがる。その理由はトーマスやらレースカー(ディズニーの『カー』)の絵がオシリのところについているから。それを前にしたがるのだ。いつまで後ろ前にはくのかは本人次第。

あと自分の名前のイニシャルをプルアップパンツにかくことを要求する(ビッグ)。POOHは夜のアクシデントは減ってきた。ビッグは日によって昼間のアクシデントの数が変わる。最近はわたしも疲れてきてプルアップパンツをはかせてしまったりする。それをはくとポッティにいきたがらないので困るのだが。。。『オシッコはポッティに行くんだよ』というと「ソーリ(ごめん)」というシオらしく見えるビッグ。でも中身は全然反省していなく、床にオシッコのあとがあったりとか。。北風になって怒っているからか。。。太陽になってトレインするべきか?

母にこの間電話すると「何の催促?」といわれた。図星。そういえば電話するときはなにか送って欲しい時かもしれない。鋭く見抜かれている。日本の子供用のレインコートをおくってもらったり(アメリカのは重すぎる)、POOHのためにトレーニングパンツを大量におくってもらったことがあった。なぜかアメリカではトレーニングパンツをうっていない。うっているのはちょっと生地があついパンツとか。オンラインでなんとかトレーニングパンツをみつけたがキャラクターの絵がついているものは売っていなかった。で、今回はビッグのためにトーマス用のトレーングパンツを催促した。嫌味をいうし文句たらたらの母だがやっぱり頼っている私。母と娘の関係で、姉と母はすごく仲良くしているのだが、わたしはどちらかというと距離を置いていているほう。最近になってやっと近くなってきたような感じがする。自分が親になってから母の気持ちが少しわかってくる。。。されど母、やっぱり母。距離をおいていたくせに結局自分は母に一番似ているかもしれない。

テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
コメント
このBP, TransoceanとHalliburtonの言い訳ばかりの責め合い、いい加減にして欲しいものです!

大企業とは最終的に“儲け”のみが目的なので道徳的な処置とか労働者に対する思いやりなんていうものは存在しないし、まさにこれがアメリカ式のCapitalismということらしいです。(おまけに政府とボスをやたらと恐れるアメリカ人達は労働反乱なんて起こすガッツも無いような気がしてなりません。)

POOHとビッグ君達がパンツを後ろ前に履きたがる心境、分かります。うちの息子もオムツからトレーニング・パンツに変わったものの、その違いすら全く分かってないようでどうなってんだか?って感じです。
日本のお母さん、頼りになっていいですね…
2010/05/16(Sun) 12:07 | URL | KM mama | 【編集
KMママさん
アメリカで労働反乱はやっぱり考えられませんよね。同感です。民主主義が一番発達していそうでしていないような感じがします。「ボスを恐れる』アメリカ人。。。わかるなぁ。

パンツは相変わらずふたりとも後ろ前です。絵を前にしてニコニコしています。

なんだかんだと、まだ母を頼りにしているわたしです。情けないなぁ。。。
2010/05/18(Tue) 07:59 | URL | ママベア | 【編集
超不公平な社会って同感!!!
トップのお給料を少し減らせばいいのに、しわ寄せは他にやってくる。納得いかないですね。

日本製品は色々な種類があるので、海外に住んでいるとついつい送ってもらいたくなるのわかります。
でも、何の催促?というわりにはちゃんと送ってくれるので、やはり母ですね。 
2010/05/22(Sat) 12:56 | URL | caianina | 【編集
Re: タイトルなし
こんにちは!
無事帰国されてよかったですね。パパがいないのであっちゃんは少し寂しいかな。。

トップの給料と実際に働いている人の給料の差が多すぎるが本当に納得いきません。といってもストライキが起こるのはイギリスのポストオフィスぐらいだし。。。

日本の製品って「かゆいところに手が届く」ように出来ているのでいつも感心します。
2010/05/23(Sun) 08:20 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。