上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日最高裁判所が決定した企業の政治献金を認めた判定がアメリカであった。ブッシュ政権中に選ばれた保守派の最高裁判長たちが出した、時代に逆行した判定。この判定で、例えば利益主義の会社は揃ってリパブリカンに献金するだろう。金が物をいう時代はまだ続く。デモクラッツの規制を嫌うリパブリカン。

アメリカに住んでいると超身勝手なリパブリカンと正義を求めるデモクラッツに分かれているのが見える。リパブリカンになる人たちは大抵、超金持ち(CEO)か、自分が未来金持ちになれると思っているウォナビー、宗教信仰者、保守主義のノンホワイト、ホワイトトラシュの5種類。デモクラッツは貧民に優しい政治。でもそれを悪用するものもたくさんいる。リパブリカンは貧民には1銭もつかいたがらないケチで自分勝手な奴。金持ちほどケチが多い。

ブッシュがまねいた金融危機のあと、まだ彼の側近・金持ち友人の陰謀が続いてるとは夢にも思わなかった。マサチューセッツの上院議員の選挙にリパブリカンでオバマ大統領のヘルスケア反対派が勝ったのもアメリカ政治に暗い影を投げかけている。

アメリカの保険は狂っていて医者は馬鹿ほど金を請求するので保険会社はその請求の一部(たとえば40%)しか払わない。だから余計にたくさん請求して悪循環。保険は保険を払っているひとに下りないし、詐欺にちかい商売。今アメリカで保険のカバーがない人の人数をグーグルしたら46ミリオンとでた。異常だ。(日本の国民保険はこれにくらべたら絶対まし。。)

それでいてオバマの提案する保険制度に反対するひとたち。自分たちさえよかったらいい主義の人間たち。確かに彼の提案する保険制度は多少妥協した点はいろいろあるけど。最初の第一歩だから仕方ないと思う。

90年代から始まった企業の買収にはじまってトラスト主義など完全に無視したアメリカ。最近のこの二つのイベントが今の不景気と重なってさらなる不穏な空気をアメリカに流している。日本の戦後に民主主義を導入したアメリカがその民主主義を否定している。

閉鎖的で女に不公平な日本が嫌でアメリカに来たわたし。といってもアメリカがそんなに好きになれなかったけれど、異邦人として傍観してられるのが好きだった。でもただ事ではなくなってきてアメリカの現状がこわい。といっても私になにができるのか。そのまま傍観してアナーキ化するアメリカを見守っていくのか。アメリカもイタリア化(ベラスコーニ:金で政治を操る大統領)するのだろうか。

私の会社でもまたレイオフの話がでてきている。レイオフは仕事のピークが終わった後に行われることが多い。気違いのように働いた後に『ハイ、サイナラ』。まさにディスポーザル(使い捨て)社員。不公平でアナーキなアメリカ。わたしは宮沢賢治のようにはなれない。。国民の怒りが爆発してもこの広大なアメリカでは線香花火程度だろうか。

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

。。。。。
テーマ:アメリカ日常
ジャンル:日記
コメント
アメリカは大変ですね。でも、日本もJALが30パーセントの人員を1年間で削減するなど暗いですが、、、。
一度、アメリカの保険制度の映画を観て、アメリカに住んで病気になったら大変と思ったことがあります。イタリアはその点、お金が無い人に医療費を請求しないし、入院費も皆無料、これは違法滞在者にも一緒です。と、とても親切な医療制度なのですが、移民、違法滞在者がても多いのと、病院経営の効率が悪いので、専門病院によっては予約をすると半年待ちなんてこともあり、その間に症状が悪化してしまう患者さんもいます。
お金持ちはプライベートの病院ですぐ診てもらえますが。なので、どこの国も色々と問題がありますね。ま、イタリアと比べるのが悪いのかもしれませんが、、、、。
2010/01/24(Sun) 00:00 | URL | caianina | 【編集
CAIANINAさん
ヨーロッパや日本は戦争で負けた経験がありそのためにあるいった面で民主主義が進んでいるように思えます。健康保険、公の交通手段などがアメリカよりずっと進んでいるようです。アメリカは戦争に負けずそのうえ個人主義が発達して基本的な福祉が遅れています。イタリアはベラスコーニになってもそういった基本的な福祉がしっかりしているのでいいですね。ただイギリスやカナダもそうですが国民保険だとおっしゃったとおり予約に時間がかかりますよね。
2010/01/24(Sun) 10:12 | URL | ママベア | 【編集
American Way
そうですね…アメリカは世界一発展して裕福な国なのに、奥深く社会を知るとRich only gets richerの世界です。
おまけに幼稚な方法で国民を脅すリパブリカンの汚いやり方が許せません。またそのウソを素にした脅しにハマる臆病者のアメリカ人達も問題なのですが…。オバマさんに何とかがんばってこの国の腐った面を直して欲しいものです。
2010/01/25(Mon) 12:47 | URL | KM mama | 【編集
Re: American Way
そうそう。脅しにハマル奴がいるんですよね。オバマを陥れようとしているリパブリカンがあの手この手を使っているのが目の当たりにします。なんとかそれを押さえきってがんばってほしいものです。
2010/01/27(Wed) 07:42 | URL | ママベア | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/28(Thu) 13:53 |  |  | 【編集
鍵コメさま
こちらこそ、いつも読み逃げしていました。今回は大変でしたね。ブログ読みました。わたしもいつどうなるかわからないので不安です。

よく読んでいるブログはリンクしています。ブログのルールを良く知らないのですが。。勝手にリンクしてごめんなさい。こちらこそ、これからもよろしく。子供のころの話とかおもしろいのでよく読んでいます。
2010/01/28(Thu) 16:23 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。