上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休暇がはじまってもう一週間ほどたちます。普段と違ってビッグの世話を朝みてPOOHの学校のピックアップをしています。家から30分ほど離れたところにあるプリスクールなので生き帰りのことを考えると結局2時間ほどすごしています。買い物したりプレイグランドにビッグをつれていったりとするのですが、仕事をしていたときあっという間の2時間が長く感じられます。

プレイグランドにいってもナニーばっかり〔メキシカンナニーが多いです)で、それでもビッグは喜んで遊んでいてくれました。でも仕事しないでこうして子供ばっかりと接していると「アンプロダクティブ(非生産性)」に感じる自分を感じます。所詮仕事なんて企業の一部の歯車のひとつにすぎないのに「何か役に立っている」気がするからでしょうか。自分でも不思議な気分です。前に読んだ本で著者が「仕事をやめてから一週間したあと気が狂いそうになった。。」みたいなことを書いていたのを思い出しました。

今日はそれでもいいことがありました。POOHが自分のカビーホールにはいっている木の工作〔紙でつくった木)をみて「I made it(僕が作ったんだ)」といってくれたことです。いつもなら取り出してボロボロにするのに今日は成長がみれる一言。大事そうに木をもっていました。最近ビッグと遊んでいる時でも成長が伺われる会話が聞こえてくるので(「それは僕の。あっちはキミの」とか。喧嘩のあと「ごめんね、ビッグ。」とか)、ちょっと嬉しい進歩です。言葉はすっかり増えてきてコミュニケーションできるのが特にうれしいです。コミュニケーションの大切さはPOOHを通じて得たというか。。ほんとに言葉で意思をつたえることってすごいことだと感じています。この際バイリンガルなんてもうどうでもいいので、とにかく自分の意思を他人に正確につたえられる子供に育って欲しいです。

日本人の母としてはユダヤ人の母のイーディッシュのように日本語を謎の言葉として教えてあげようかと思っています。POOHやビッグが大きくなったら「そういえば母はこのとき、『xxxx』と日本語でよくいってました」といくつかの日本語をおぼえてくれたらいいのになぁとひそかに望むママベアでした。
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
コメント
こんばんは!!
仕事をしないで子供ばっかりと接していると「アンプロダクティブ(非生産性)」に感じる。しかし、子供と一緒にいると成長する姿が見られて楽しいというの分かります。
最近、そろそろ働いたほうがいいかなという自分と、でも3歳までは一緒にいていろいろと教えたり成長を見ていたいという葛藤している自分がいます。
2009/11/25(Wed) 18:45 | URL | caianina | 【編集
CAIANINAさん
もし金銭的に許せるなら3歳くらいまではずっと一緒にいてあげたほうがいいですよね。うちはそうもいかないので外で働かざるえないんですがフレキシブルな仕事といえばそうなので感謝して働いてもっと子供の面倒みたらいいんですけど。働けば文句、子供の世話をすれば文句のわたしです。
2009/11/26(Thu) 11:57 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。