上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10周年目の911から2週間、村上春樹の小説の中にいるような日々を送っていた。ブログに全部かくと思い出してしまうのでどう書くか悩んでいたが、村上春樹的だったと書こうと思い立つ。

それでも生活は淡々と進む。POOHの学校のDONATION希望の嵐。要するに金はない、先生にアシスタントは少ないで負担は父兄にくる。クラスの活動だけでなくフィールドとリップはもちろん、色んなところでボランティアの父兄を求められる。会社にいっているのでそれどころじゃないのでつい、出来る人にお願いしている状態。会社にマッチングギフトがあることに気がついてそれをどうにか利用しようかと思っている。学校では生徒一人365ドル(一年間)集めれれば、今あるプログラムができるとか。。。どうして、そこまで公立の学校の資金がないのか、いまさらになってアメリカの政治が嫌になる。

アスレチックなビッグのためにと思って、会社から車を飛ばしてGYMのクラスにいったところ「ジムナスティックなんてしたくない」と大泣き。汗かいて車とばしてきたわたしは切れて無理やりいかせようとしたけれど、泣き喚くのであきらめた。それを始終みていた白人の女、まるでわたしがアビューズしているような批判的な顔でじろじろみていた。『車でとばしてきたんだよ。本人のためおもって。何、人の顔見ているんだよ!』といいたかったが我慢した。こうなったらビッグは何もやらせずに自分がいいだすまでほっておく。

色んな障害物があってそれを乗り越えてなんとか生活するしかないのがつらいところ。でもそうやってハードルを何回がのりこえていくと、障害物にあたっても「しゃーないな。」と冷静になれるところが不思議。
テーマ:アメリカ日常
ジャンル:日記
コメント
ママベアさん、お久し振りです~。
“村上春樹の小説の中にいるような日々”といわれても私にはさっぱり???なのですが、何やら大変だったようですね。学校の件もこれだけ高い税金払ってるんだからもっとしっかりして欲しいものです。

うちはノン気にバケーションになんて行ってたけど、行く前と帰ってきてからはとにかく落ち着かなくて家でも仕事でもバタバタでした。ハードルなんて毎日、飛び越えるどころか思いっきり蹴っ倒して生きてますよ!(笑)
働く母は本当にしんどい面も多いけど、これだけやってるんだからきっとそのうちそれなりに良い結果に繋がってくれると勝手に思い込んでる私です。お互いあまりストレスを溜めずにがんばりましょう…
2011/09/27(Tue) 01:18 | URL | KM mama | 【編集
KM mamaさん
KMままさん、お久しぶりです。
村上春樹の世界というとですね。摩訶不思議な世界といえばいいのでしょうか。非現実的なことです。予期していなかったようなことが間接的におきてしまったという感じです。

確かにわたしもバタバタしています。二人が違う学校という点がまたうっとしいんですよ。来年は同じ学校ですけどね。KMママさん、バケーションにいってたんですね。うらやましい。チラッとのぞきにいきます。
2011/09/27(Tue) 07:17 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。