上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POOHのKindergartenがはじまった。サマースクールで会った男の子ひとりがクラスにいてたせいか、なんの問題もなくクラスになじんだPOOH。最初の一週間はペイパーワークの嵐。そのペイパーワークを書き込んでいてPOOHはプリスクールを3年行ったことになることに気がついた。わたしはいきなり幼稚園だったので時代はかわったものだ。しかし学校で一体何をしているのかさっぱりわからない。二日目の日、「COMPOSTが土になるんだよね」といっていたのでやっぱりちょっとは勉強らしきことをしているのかなぁ?

うちはパブリックにいくことにしたのだが。。。あの堅苦しいカソリックにくらべて100倍いい。人によると思うがカソリックの学校の先生は堅苦しくて時代錯誤の感じがしてパブリックのほうが私にあっている。カソリック以外の私立は高すぎてうちの家計では手がでない。

アフタヌーンケアはフラットFEEになったのでやめたがそのかわりエンリッチメントクラスがあるのを知った。Kとして参加できるのは動物などがさわれるFROGクラス、ピアノ、スパニッシュ。結局動物がさわれるFROGクラスに1週間に一度参加することにした。スペイン語は悩んだのだが、メキシコ、スペインといい、国家状態がわるい国の言語を学んでも価値がないような気がした。西海岸はメキシカンがおおいのでスペイン語をならってもいいのだが旦那が意味がないと反対して結局やめた。ふーん。今でも悩む。でも肝心の英語をやっとKとしてならっているのに小学校の2年くらいまで外国語のクラスをとるのはのばそうかと思考中。

学校は2時40分におわるのだがかえってくるとかなりハイになるのは疲れているせいだろう。一方ビッグのPRE-Kは来週はじまる。PRE-Kはカソリックなのだがそれほど気持ちの悪い先生はいなく彼はオモチャの車さえあればどこの学校も好きらしい。しかしユニフォームを着なければならない。王様ビッグはちゃんとユニフォームを着てくれるか。。。楽しみのような、おそろしいような。。。

今週のアメリカは超金持ちのウォレンバフェットが『金持ちにもタックスをしてくれ』という共同記事をNYTIMESにかいたことで沸いた。It is a little too lateという感じなのだが。。彼もミドルクラスを抹殺したら自分のビジネスに後に影響することに気がついたのだろうか?ウォレンバフェットはリパブリカンほど馬鹿じゃなかった。。。しかしこの記事があの馬鹿連中を納得させるかというと、、疑問だ。こんなにも馬鹿がおおいアメリカ。その教育システムにはいっている子供の将来が不安だ。。。
テーマ:アメリカ日常
ジャンル:日記
コメント
POOH君、パブリックの幼稚園になったんですね。うちもそうしたいのですが、何せスケジュールがメチャクチャになるのとafter care classesはバスであちこち移動されるらしいのでまたお金がかかるけどプライベートのキンダーになりそうです。とにかく養育費がかかるのと兄妹揃って同じ学校とスケジュールに入れたいのである意味では早く小学校に入って欲しい気がします。
ビッグ君のPre-Kもまた新たな環境ですね。働く母には果てしないチャレンジですが、お互いがんばりましょう!
2011/08/22(Mon) 23:14 | URL | KM mama | 【編集
KMママさん
after careは学校でやってくれるのもありますよ。うちの学校はそうだったんですがFLATFEEだったのでやめました。うちはプライベートのカソリックはこりごりなのでパブリックです。でも手ごろなプライベートがあったら迷ったでしょうね。うちも今ふたりが違う学校なので大変です。
2011/08/23(Tue) 06:09 | URL | ママベア | 【編集
日本の私立小学校では、アメリカの教育は素晴らしいと思い、真似しているところがあるのに、アメリカの教育が不安なんて、なんとも皮肉ですね。

固定資産税ですが、持ち家一つだけが無税です。でも、収入の40パーセントくらいは所得税などで消えていくし、消費税も20パーセント。他の国に比べると他で税金を取っているので、固定資産税が少し安くてもいいのではと思っています。
イタリアも高額所得者からの税金をあげるかと検討しているみたいです。
それよりも、官僚のお給料を下げて欲しいですね。
2011/08/23(Tue) 20:51 | URL | caianina | 【編集
caianinaさん
これで4,5回目の返信です。メインテナンスをしてらしく前の書いたコメントはすべてきえました。今回はテストをしてから書いてます。メインテナンスは終わった模様。

アメリカの教育でいいところは生涯教育です。いつでも勉強できます。コミュニティカレッジにいくといろんな年齢の人たちに会います。ただMBAが最終目的のように80年代くらいからいっているので金儲け主義の人間がたくさん出てくる(すでにたくさんいるけど)と思います。哲学とか、そういったものは忘れ去れる学問になっていくでしょうね。それでいいのか、金融関係の破壊をみていると疑問をかんじますね。

収入の40%はどの人にもあてはまるんでしょうか。それだったら貧乏人にはつらいだろうな。これだけの税金をとっているのになぜディフォルトに近いんでしょうね。ベラスコーニが全部自分に費やしているからかな。
2011/08/24(Wed) 07:35 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。