上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去、8月には日本で原爆がおとされたり日航機が墜落したり。。暗い過去だった。今年はイギリスのライオット、世界の経済の崩壊と。。アフリカの飢饉と、またまた暗い。イギリスのライオットについて知合いのイギリス人に『どう、ご家族は?』と聞くと「I don't know」という言葉がかえってきてびっくりした。彼にいわせると両親たちは田舎にすんでいるので関係ないとのこと。ライオットについては「子供たちのしわざ」とかたづけた。

前からこのイギリス人、おこったことにかんしてはクールな見方をしていたのだが今回も前にましてクールな態度。そんなものかなぁ。自分に被害がなければよいのか。。それとも男だからか。

アフリカの飢饉でも援助された食料はすべてどこかに消えていくとか。これって男政治の仕業?女が政治権握ったほうがいいのか?

アメリカではサラペイランにかわって新たなる右翼のミッシェルバックマンが登場。女も不公平で馬鹿なのか。アフリカの飢饉でヨーロッパに影響がもっとくる。ヨーロッパは人口のマイグレーションを拒否するのだろうか?ギリシャから、スペイン、イタリア、フランスと経済の破綻がみえてきてくる。ドイツがたおれたらヨーロッパも終わりだ。

アメリカは相変わらず少人数のリパブリカンが経済を破綻させようとしている。最後の財政調整は巨大コーポレートと少数の個人の超金持ちにタックスをかけるしかない。これを阻止しているのがリパブリカン。巨大コーポーレートのほうがアメリカよりキャッシュをもっている事実はみな知っている。巨大コーポーレートは労働力を海外に探し少人数のアメリカ人を雇っているだけなのでアメリカ経済のためにならない。個人の富の集中化は経済破綻を起こす。こんなことMBAとらなくたって目にみえている。見てみぬフリをして自分もHOPEFULLYその富の一部を得れると思う馬鹿がおおいのも情けない。

さてそんな世界の破壊のなか、POOHは来週から幼稚園に行く。州の経済負担のせいでアフタヌーンケア代が倍になった。週2回ほど利用しようとおもっていたが料金はフラット。パートタイムといのは消えたらしい。週二回なのにそれほどの金額を払うのは馬鹿らしい。うちも馬鹿政治のしわ寄せをうけている。馬鹿のほうが人生いきやすい。

ー追記ー
この間自分のコメント返事が反映されないので調べていたら、コメント返信が迷惑コメントにはいっていました。そこにせっかくくださったコメントも発見。返事がおくれてすみませんでした。FC2の変なシステムにこれからは気をつけます。(使う漢字によってこのカテゴリーにおくられるようです)





テーマ:アメリカ日常
ジャンル:日記
コメント
我が家は娘のバースデーでお祝いムードでしたが、確かに世界は暗いままですよね。オバマさん、もう先はないのかもしれないという予感がしてきてます。でもミッシェル・バックマンみたいなのが大統領の候補になるとますますアメリカは終わりに近いサイン。まさにお先真っ暗…最悪ですよ!

カリフォルニア州の経済状況も心配ですね。ニューヨークもこれだけ税金取られて物価が高いのに、州自体が破産したらどうなる?と不安な面もあります。アメリカのミドル・クラスはイギリスのクラス・システムと同じかそれ以下のような感じです。

これから始まるPOOH君の幼稚園ライフ、興味があります。また変化があって大変かもしれませんが、レポート楽しみにしてますよ~。
2011/08/16(Tue) 00:01 | URL | KM mama | 【編集
KMママさん
世界の経済の暗さはさておき、家族で祝っているバースデーの写真、すごくよかったですよ。暗い話のなか、あかるい写真をみるとホッとします。

カリフォルニアはまったく話にならないくらい金がないのでパブリックスクールは影響を受けています。アメリカにミドルクラスはもう存在しないような気がしますね。貧乏か超リッチ。

幼稚園、かくことがたくさんありそうな、なさそうな。。感じることご報告します。
2011/08/16(Tue) 08:50 | URL | ママベア | 【編集
本当に暗い毎日ですね・・・・。イタリアは、20パーセントも消費税を取って、お給料の40パーセントくらいの税金を取っているのに、このお金は何処へ消えていくのか不思議です。
どの国の未来も暗く、こんな世の中へ送り出す子供達はどうなってしまうのでしょうかね???
イタリアも学校の予算がどんどんカットされているようです・・・・。
2011/08/18(Thu) 07:18 | URL | caianina | 【編集
caianinaさん
イタリアの教育は結構金がかからないとイタリア人からきいたことがあります。それでも学校の予算がカットされているんですね。ディフォルトの件はどうなりました?

本当にこれからどんどん各国で暴動がおこらないと政府は経済の仕組みを改革しないんでしょうね。
2011/08/18(Thu) 09:59 | URL | ママベア | 【編集
イタリアは教育費にお金はかからないので、助かります。
教育費カットで、ある幼稚園では音楽の先生が雇えなくなって、親がお金を出し合っているとか、トイレットペーパーや石鹸、おやつが買えなくて親の持ち寄り、幼稚園の先生が風邪で休んでも代わりの先生がいなくて、他のクラスと一緒に授業ということもあるそうです。
デフォルトはどうなんでしょうね。ベルルスコーニは大丈夫と言っていますが、ユーロでの貯金もあるので、心配です・・・・。
ドイツが反対しているが、ユーロ債を作れば大丈夫なんて記事を読んだので、どうにかするのではといい方向にに考えたいです。その他、消費税金をあげたり、廃止した固定資産税(住んでいる家のみの固定資産税を廃止して、今はなしです)を復活させるなんて案もあるようです・・・・。
2011/08/19(Fri) 07:06 | URL | caianina | 【編集
caianinaさん
なるほど。やっぱり住んでいる人の情報のほうがリアル感があります。アメリカではウィッシュリストといって先生が「これがほしい」といったリストをあげ親たちがそれを寄付するシステムがあります。それと似ていますね。

固定資産税の復活か。。それはしたほうがいいなぁ。それがない国なんてイタリアくらいじゃないですか?今、ドイツとフランスで色々話しあっているのは聞いていますが、どうなるんでしょうね。
2011/08/19(Fri) 08:43 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。