上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知り合いの日本人が子供を日本語補修校にいれた。それを聞いて補修校のことを考えてもいなかった私がすこし日本語教育のことを考え始めた。うちは完全に英語で日本語は「ただいま」と『お帰り』くらいしかいえない。日本語補修校の案内をみるとその対象として『将来日本の学校に入学、または編入しようとする計画を持っている者』とある。

うちのPOOHはどう考えても日本の学校に編入するように思えないし、日本の高校・大学の教育には自分が経験しただけに疑問を感じる。年配の知り合いに日本語補修校にいれたハーフの子を知っている。彼らはもう大学(アメリカ)も卒業して日本の大学に1年ほど行っていたらしい。日本語は見事に話せる。大学を卒業してから家に戻ってきて仕事しているのかしていないのか知らない。

要するに日本語を見事に話せるかといって「so What?」の世界なのだ。日本語が話せるから就職に有利な時代は終わったしPOOHやビッグが将来日本に住むことなどちょっと想像できない。結局世界でコミュニケートするには英語がつかわれるのは仕事上よくわかる。将来の活躍の場を考え、彼らが生まれた国、半分アメリカ人のハーフであることを考えると英語で自分の気持ちをはっきりいうことのほうが大切な気がする。

自分が面倒くさがりなのか、そうでないのか。英語の本を少し読み始めているPOOH.読むことを教えるのは非常にむずかしかった。そのせいか、この上日本語を覚えるのは到底無理な気がする。我が家の場合バイリンガルは単なる親の欲のような気もするし。。。

日本の進学校フィーバーは今でもあるのか知らない。今から考えると馬鹿げたシステムだった。やはり補修校は日本の学校システムに帰らなければならない人にとっておくのが一番だろう。あの詰め込み主義の教育システムに帰られなければならない人たちのために補修校は存在する。Let it be...





テーマ:アメリカ日常
ジャンル:日記
コメント
バイリンガル教育は常に意識させられるトピックですね。でも我が家やママベアさんファミリーにとって日本語教育や補修校って何か縁が無いというか、私生活の中で必要とされていないから他人事のような気がします。
当然、たくさんの言葉が使えて不便にはならないと思いますが、私も子供達にはまず母国語の英語でしっかり表現、読み書きができる基盤を築いて欲しいと思ってます。実際、自分が留学にて外国語を学び、問題無しの海外生活をしているので言葉はいくつになってもマスターできると考えてます。

以前、ハワイにいた時に日本とアメリカのハーフの知り合いが子供の頃から親の希望で日本語を学ばされたと言ってたけど、彼女の日本語は英語なまりでわかりにくく、英語の表現もハワイのロコ(ローカル)的なものであまりsophisticatedでなかったので『バイリンガルといっても結構、中途半端?』というイメージがありました。
運動神経のように言葉もできる人とできない人の差があるので、必ずバイリンガル教育が成功するとも思えない面もあります。まさに人(家庭)それぞれのチョイスですね。
2011/07/11(Mon) 23:02 | URL | KM mama | 【編集
KMママさん
うちはPOOHのスピーチディレイからずっと日本語に縁がないです。ですから英語中心ではっきり物を言わせる習慣をつけているんですが、たまに親と電話で話させるとき二人から出る言葉は英語ばっかりなので今さらながら日本語少し教えたいところなんですが。。肝心の英語もようやく本で読み始めているところなので混乱させたくないというのが本音です。おっしゃるとおり中国人の同僚で子供がスペイン語と英語のバイリンガルのPRESCHOOLにいかせたけれど『英語がだめになった』という人がいたりして。。その人曰く『男の子は女の子みたいに言語に達者ではない』と。

いずれにせよ補修校はいわば塾みたいなのもので、派遣された日本の親たちが子供たちが日本の教育に戻るに心配してつくった機関だと解釈しています。そうだとすると現地でうまれた日本人のハーフで日本の教育に戻ることなど一切ない私の子供たちは縁がない。。といわざるえないですよね。色々思うところもありましたが今はすっかり私の子供たちには関係ないと割り切っ他気持ちになってきました。
2011/07/12(Tue) 08:16 | URL | ママベア | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/19(Tue) 09:29 |  |  | 【編集
鍵コメさま
なるほど。。うちはスピーチデレィから来て言葉の考えが変わりました。それと実際色々な国のひとたちと仕事をしているので英語がきれいに話せるのが仕事上、一番得をすると思います。実際アメリカでやはり訛りのある人はよほど頭がよくないかぎり相手にされません。対等に戦おうと思うならばやっぱり自国語をしっかりはなせないとダメなんですよね。鍵コメさんの旦那様の考えにわたしも賛成です。

武田さんの「どう乗り切るか、毎日、迷っているお母さんに」はおもしろかった。そこまで状況は悪化しているんですね。。。複雑な気持ちです。


2011/07/19(Tue) 14:52 | URL | ママベア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。