上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にバケーションらしき旅にでた。二人をつれて遠出したのはPOOHが2歳弱だったから3年半以上たつ。前は4ヶ月のビッグをつれてのイギリスの旅でダイパーを抱えての旅で。。。あの時も食べ物とシャワーには苦労したもの。。今回は家から車で4時間かかる観光地にてのバケーション。旅費的には超安上がり。

この観光地、スキー場で有名なのだが夏場はキャンプなどで来る人が多い。もともとあまり自然にあまり興味なかったくせに子供を持った途端、自然をみせてあげたいという矛盾した感情がでてきて行くことにした。旦那は最初から『見るところがない』とぶつくさ言っていたのだが、観光地ってそんなものでしょう。景色をみて『ふーん』とうなるしかないと思う。

泊まったところは昔安いモーテルだったのを改造してかわいくしたINN.プールとジャクージがついているのでそこにした。このプールとジャクージはヒット。なんでも文句をいう王様ビッグは寒い水をいやがり、ジャクージの泡がでていない状態がお気に入り。POOHはプールで何度か浮き輪をつけて泳ぐこと4回ほど。

一番こまったのは王様ビッグ。ゴンドラに乗ったらいいものの、降りるのを嫌がる。ちょっとしたことでご機嫌を損ねる彼。レストランの食べ物もろくに食べない。ご機嫌がよく食べるときにいっぱい食べさせるしかなかった。食べ物では朝、『ミッキーマウス パンケーキ(ミッキーマウスの形をしたパンケーキ)がいい』というPOOHにそれをオーダーすると、ふたりともほとんど食べない。最後のほうは要領をえてまず大人が注文(子供たべられそうな、大人の食べ物)。それを小さい皿に少し分ける方法にした。チーズだけのピザとか、パスタ(トマトソース味)など。子供ひとりひとりにお子様ランチ(古い?KIDS MENU)を注文しても全然たべないのだが私たちのものを少しあげると、少し食べるので最後は要領をえて注文できるようになった。

ホテルの近所にあった超ヒッピー的なレストランはよく利用した。中に子供のTOYBOXがあり、そのTOYであそべる。注文しているあいだにPOOHとビッグはそのTOYで遊ぶ。たまにほかの子供がきて取り合いになるがテーブルの上でナイフで遊ぶよりまし。

ふたりとも歩くのをいやがり、1マイルほど歩いたとき王様ビッグはなんども『キャリーミー(抱っこして)』とわたしになきついてきた。車で移動するときも中で二人で悪ふざけをして後に喧嘩でおお泣き。

ビーチは今までアメリカでみたビーチで一番きれいだった。POOHは砂の城を作るのに夢中になっていたが王様ビッグは砂は嫌い。私に砂の城を作らせて観る王様の役に納まっていた。

一日目からPOOH曰く『家に帰りたい』。二日目以降は二人で『家に帰りたい』。旦那はしぶしぶ協力的で本当に疲れる旅だったが久しぶりにアメリカの広大な山をみて気持ちがよかった。アメリカの森(西海岸)はドライで日本のようにしっとりしていない。日本の森のにおいがしないのがすこし残念だが、小僧二人はコッテージに飾られているアメリカンフラグをみて「アメリカンフラーグ!」といちいち興奮していたのでよかったことにしよう。

田舎のテレビ番組はかなりアメリカンで、パンケーキ、ベーコン、スクランブルエッグの朝食はたべすぎて、しばらく見たくもない。ピザ、フレンチフライも。。。家にかえってアールグレイのお茶をすすってやっと自分をとりもどした感じ。ファミリーサービスは大変。。これから何年こういうことをしなければならないか。。。

父が日本の忙しいサラリーマンながら夏の3日間か4日間、いつも海につれていってくれたことを思い出す。母のおにぎりをビーチでたべるのは最高だった。父も母もそうやって育ててくれたんだなぁとおもうと、わたしも両親ほどじゃないけど、ファミリーサービスをしないとね。。いまどきになって両親に感謝する。




スポンサーサイト
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。