上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リエノラ キャリングトンが死んだ。NPRでそのニュースを聞いていたとき、なにか聞いたことがある名前だなぁと思った。そういえばフリーダ カウロと並んで強烈な絵を描いていた気がした。メキシコのアーティストと思っていたらイギリス人だったらしい。マックス アーンストは妻を捨てて彼女に走ったらしい。ところが戦争が勃発してアーンストはナチに囚われて彼女はナーバスブレイクダウン。そのあと二度と一緒になれかった。

leonora.jpg

そのマックスアーンストはその後ペギー グッゲンハイム(大金持ちでアーティストのパトロン。グッゲンハイム美術館と関係ある)と結婚してアメリカに着いた。そのあとすぐ離婚。そのあとなんと、ドロシア タニングと一緒になり後結婚。フランスに戻る。

ともあれ、この『ドロシア タニング』、何か聞いたことがあると思ったら昔絵をかいていたとき私のショーで誰かが残したコメントに『あなたの絵は「初期のドロシア タニング」を思い出させる』と書いてあったのだった。
ああ、あの『ドロシア タニング』かとタイムスリップした気持ちになった。あのときはグーグルもなかったのでドロシア タニングがどんな絵をかいたいたのか想像つかなかったし本もみつけられなかった。今になって彼女を絵をYOUTUBEでみると不思議な気持ちだ。一体私の絵のどこに彼女の絵を思い出させるものがあったのだろう。。

Tunning.jpg

過去の謎が解けたようで解けなったような、そんな気持ちだ。ちなみにドロシア タニングはまだ生きているらしい。100歳を超えている。








スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。