上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変な一週間をすごした。まずFBのNPRのニュースアーティクルの「悪のスケール。22段階に殺人をレートする」という記事をよんでいて、そのなかの二人が日本人の男だとわかった。一人は宮崎。これはなんとなく覚えていた。もう一人はSAGAWA.写真にはえらそうな顔の男がへんな笑いをうかべて座っている。覚えがないので調べてみたら、『佐川君の手紙』の佐川君だった。この事件はうっすら覚えていたがあまりにも次元の違う世界だったのですっかり記憶のかなたにおしこまれていた。グーグルしてみるとでてくるのが彼とのインタビュー。全然気が狂っているように思えない。彼は気が狂っているとしてフランスでの裁判は逃れ日本に送還されてから精神病院に少しはいっただけでフリーの身のようだ。人を殺しておいてこんなことって許されるのか?前にアメリカでMAOジーンをもっているからというだけで妻を殺したことに対する罪からのがれられた男の話を思い出した。殺された家族にとってやりきれないエンディングだ。

そういっているうちによく読むKMママさんのブログ(独り言IN NY)のあるコメントにあった角田光代という作家が気になって早速ライブラリーに本を借りた。『対岸の彼女』と『ロック母』。『ロック母』のなかの『夕べの神様」はなぜかサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を思い出させた。この本は5編くらいの短編小説がはいっている。どれも日本をすごく思い出させる。描写がうまい。この人のプロフィールが知りたかったけど『ロックバンドのメンバーと結婚』だけで実際子供がいるのかとか、どんな家庭にそだったのかはわからなかった。でも繰り返しでてくるドライバーの父、パートで働く母はもしかしたら自分の家庭をみてかいているのかなぁとふと思った。瀬戸内晴美は自分の離婚と中国での経験を題材に主人公の名前だけ変えて3,4つくらい本を出していた。角田光代の場合はそれほど作品は類似していない。どれも最後は悲観的に終わるのだが読む気にさせる作家だ。わたしは向田邦子が好きだった。彼女の描く「古きよき日本」が懐かしい。彼女の寿司にたいする描写はすぐれていたので寿司好きでないわたしが寿司に興味をもったぐらいだ。角田光代は時代をよく反映しておもしろい。読んだ後、頭が痛くなる。主人公が描きだす汚い、嫌な日本。嫌な人間関係、いじめ。。あういう雰囲気が嫌で日本でてきたのかなぁ。。

話はかわってPOOHとビッグの話。この間家族で最後のプールクラスにいった。POOHがビッグプール(3フィートのプール)にまだはいらないというのでわたしがいけば入ると思っていた。この日は泣いて水を嫌がっていたビッグが最後にはPOOHと一緒にビッグプールから飛び込むまでなった。プリスクールのプール日に参加して正解だったようだ。ただ、落ちがPOOHがその日の夜つかれきっていたのかオネショしたこと。。

バレエもPOOHは今度上のクラスにあがれることになった。やっと独立して踊れるようになった。明日からビッグの初めてのプリスクール通いがはじまる。

というわけで村上春樹の小説のような不可解なことがいっぱいあった一週間だった。本はなんとかよめるようになったがまだテレビ番組がみれない。。。『マッドマン』、TIBOに録画しているのにみれない。この番組、人気があるので気になるのだがいつも期限ぎれでみれなくなってしまう。POOHとビッグがまわりでうるさくしているので見れないのも一理。。。ま、本だけでもよめるようになっただけいいか。。
スポンサーサイト
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。