上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おかげさまで風邪もなおり仕事の量もなんとかこなせる量になりました。忙しくしている間アメリカでは念願のヘルスケアの改革案が可決されました。まるで意地悪な西の魔女(オズの魔法使い)を取り押さえたムンチキンのようにはしゃいでいます。これで少しは保険利用者のためになったらいいのですが。。オバマチームは良くやったとおもいます。それでも最後のあがきでリパブリカンがまだ色々ケチをつけているようです。こんな意地悪な政党(リパブリカン)にだれが応援するのかとおもうんですが、結構いるんですよね。隣のひとだったりとか。そういう時はあいた口がふさがらない気がします。この改革案に活躍したのがナンシーペロシ。女性です。この人もオノヨーコと同じくらいフェースブックで嫌われています。わたしはこのひとがヒラリークリントンよりも先に女性大統領になりそうな気がします。

話はかわってこの間とても嬉しい発見をしました。POOHをむかえにプリスクールにいくとPOOHは例のポッティダンス(オシッコをしたい前にうろうろする)をしているのでトイレにつれていきました。座らせようとすると「こっちのほうがいい」といって立って用をしたのです。すこし便器にかかりましたが(汚くてすみません)、見事にオシッコは便器にはいりました。初めて彼が立って用をするのをみたので感激。。。しかし家ではまだ座ってしています。

shonben.jpg

またビッグも朝おきたらいきなりオマルにでかい大をしました。初めてです。いままで朝おきたら小は確実にできるようになったのですが大ははじめてです。最近はすわらせると大体できます。でもあいかわらず「I don't like potty(オマルきらい)」というのですが。。まだ彼にいわせるとオムツが好きだそうです。

汚い話ばっかりですみません。
POOHとビッグは喧嘩したり怒ったりすると、お互い「I don't play (with) you(any) more(遊ばない)」というのが口癖になっています。その違うバージョンで「I don't play you, mama(ママ、遊んであげない)」というのがあります。それに答えて『ママも遊んであげない』というと更に怒ります。

この2人が最近お気にいりの本が「stop that pickle」。テレビで紹介されたのがきっかけです。POOHはピクルスになって走って逃げるがすきでビッグは『ジャムサンドイッチ(本当はピーナツバター&ジャムサンドイッチですが本人はそんな長い単語はいえないので省略版)』。私はプレェッエルです。「Stop that pickle!」と言って追いかけると2人は永遠に笑いながら走りまくってます。

stop.jpg


ここに出てくるピクルスは鼻くそをほじくったり、新聞をよんだりとふざけていて愛嬌のある奴です。日本語版もでているようです。日本なら、『たこ焼き』とか、『おにぎり』、ピクルスのかわりに『しば漬け』だと面白いとおもいます。
スポンサーサイト
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。