上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグは『ハンプティダンプティ』のことを『ダンティダンティ』といいます。これはマザーグースにでてくる卵のことなんですがアメリカのナーセリーではかかせない登場人物。マザーグースの話はかなりあり、ママベアの知っている話や歌は15くらいかな。それでもたまに度忘れして歌えない部分があります。POOHは「1,2バックルマイシューズ」とか『バーバーブラックシープ』とかの歌はすきなようで歌うと一緒に歌おうとします。POOHの言葉はかなりはっきりしてきたうえ表現も豊かになってきたので最近うちの旦那ともはなしていたのですがセラピーいらないかもしれないねぇといってました。

最近のPOOHの言葉ですきなのが『オールライト』という時。なにかブリティッシュ調に鼻にかかりながらもすごく様になって言うのです。なにかすると『サンキュー、ママ』と丁寧にいう良い子のように言います。ビッグもPOOHの真似で『サンキューママ』というようになりましたが大抵は命令調で『ママ、FOR YOU』といってわたしが何かすることを要求します。

友人とはなしていたんですが友人の知り合いの兄弟で若いころ兄は頭がよくていい大学を卒業、弟はタバコを吸っていたりしてよくなかったらしいのですがその兄弟の母がアルツハイマーになって世話をしているのはタバコの弟のほうで頭脳明晰の兄は無視らしいです。その話を聞いて、ちょっと複雑になりました。ビッグとPOOHはどんな子供に育つかな。。。と。。

先日ちょっとおとなしいなぁと思っていたら部屋中をポップコーンだらけにしていた二人。悪いことをふたりでしているときはおとなしく喧嘩もせず仲良くしているようです。最近車にスクラッチははいるし配水管に問題がでて下の階で水はでるしでその対応で落ち込んでいたわたし。旦那は今とっても忙しいのでわたしが処理しなければならないのですがプラマー(配水管工事のひと)は連絡つかず3人目でやっとみてもらったり、車のスクラッチは保険でカバーできるけれど車であてられたかバンダリズムかで値段がかわります。どっちにでるかは車を持っていった時のボディショップの判断ということでした。もしあてれらたとなればデタクブルが500ドルもあるので修理はあきらめようかと思っています。こういった日常のごちゃごちゃで嫌になりそうですけど悪い時って色々かさなるものです。

POOHはまた風邪をひいて旦那も風邪をひいているのですが、苦しそうだったPOOHは少しましになってきてひとまず安心。じつはPOOHはH1N1の予防接種は品切れで受けていません。季節のフルーショットだけです。それで今回は気をつけてみているのですがどうやらあまり熱もでず声と鼻がやられただけのようです。ビッグは2回目のH1N1の予防接種を受けられずにいますが、1回目をうけていると80%予防できるそうなのでまだ安心なのです。。子供を差し置いて大人がこの予防接種がうけられるのが不思議です。一体どちらが優先なのか。。
スポンサーサイト
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。