上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっという間に新年になってしまった。サンクスギビングがくるとあっという間だ。サンクスギビングでターキーなどをたべクリスマスは似たようなものをたべ、新年があける。去年のサンクスギビングは11月の終わりでクリスマスツリーをだしたのはその後。人工のツリーはやっぱりいい。今年で3回目だがまだ壊れていない。本物の木で60ドルくらいだったら小さい木しか買えないし。

言いたいことがあったのだが日がたつにつれてどうでもよくなっていく。去年のクリスマス前、ビッグのクラスのフィールドとリップで半強制的に参加させられへとへとになって帰ってきたことや。小学校一年生なのに女の子の中には派閥みたいのがあって親がまたそれを増長しているように見られたことなど。。半強制的に参加しながらいろいろ見れてよかった。

うちは隣の家の男の子がビッグと同じクラスなのだが、隣の家の女の子(ビッグより上でPOOHと同じクラス)のお尻をビッグが蹴ったという理由でビッグと男の子は外で遊べない。クラスだけの中になっている。しかもこの二人は親友のように仲がいいのに。この親、4人の子供の母親のせいなのか知らないが、同意できないビッグへの仕打ちに腹がたつので最近は挨拶もしない。目をあわせないようにしている。

3軒となりの家の子供たちとはビッグもPOOHも仲良くしてもらっているので幸いだが。いろんな隣人がいるものだ。うちの母が隣の家のおばさんに腹をたていたのを思い出す。日本にいてもアメリカにいても同じ。
スポンサーサイト
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
今年のハロウィーンはふたりともDarth Vaderになった。学校では朝パレードがあった。ビッグのクラスが近づいてきたのだが、ビッグがいない。うちの旦那は「あそこにいる!」とか叫ぶのだがまったく見あたらなった。いつもわたしが気がつくのになんで旦那が見つけられて私がわからないのか。。と不思議におもっていると、やっぱりビッグはパレードに参加してないことがあとでわかった。

ビッグには「バディー」という上級生がいてその子と一緒にパレードを歩くはずだった。そのバディーが病気でこなかったのが原因らしい。先生はほかの上級生が一緒に歩いてあげるといったのにビッグは拒否。教室に残っていたとの話。

「なんでそんなことにこだわるんだ!!!」と叫びたい。ビッグは小さいことにこだわる。本人にとってはそれはでかいことなのだろう。結局、パレードの写真はPOOHのみ。POOHはニコニコしてパレードするうえ、手までふってきて写真の前でポーズまでしてくれた。同じ兄弟なのにどうして。。こんなに違うんだろう。。

そのハロウィーンのあと10日ほどしてクラスで褒美としてビンゴゲームに参加したビッグは負けが嫌でふくれて結局誰かが勝つとアップセットしていたという先生からの手紙をうけとった。確かにそれはわたしのDNAかもしれない。わたしも10さいごろまで家族でゲームして負けかけると泣くので嫌がられた。こんな変な特性がビッグに受け継がれているなんて。。というわけで彼の気持ちはわからないわけでもなかった。

POOHは近視であることが判明して今はHARRY POTTERもどきにめがねをかけている。自分はハリーポッターみたいだといいつつ、「ハリーポッターって誰?」と聞いてきたのでこけそうになった。いかにもPOOHらしい発言だった。

ハロウィーンから3月ごろまで仕事が超忙しくなるなか、学校から宿題の山とボランティアの要請がいっぱいあって気がくるいそうだ。要するに親が子供に教えるようになっている。バジェットがないからか、そういう前提で宿題がくる。子供がひとりでできないような宿題ばっかり。先生もなんか自分の仕事以上はしてないような、そんな気にさせられる。自分の時間を犠牲にしてまで子供を思う先生なんていないと思う。

そして来週はサンクスギビング。あっという間だ。これからはせめて2週間に一回はブログをかこうと思う。できるだろうか。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。